国際モラハラ離婚 in the US

まさか自分が自己愛性パーソナリティ障害の夫の被害者(!?) @bigmysurvive

新生活に潜む…

別居前は、なるくんのドスドスと歩く足音にビクッとなり、夜通し遊んで朝方にバタンッと寝室のドアを開けて、煌々と電気をつける明かりに目が覚めるも、心臓をバクバク言わせながら寝たフリをする、そんな生活をしていました。

 

別居第1日目、簡易のエアベッドで寝ていたにも関わらず、夜通しぐっすりと眠れたことに感動したのを覚えています。

 

夜通し遊ぶと言っても、なるくんの場合、どこかに出かけるのではなく、地下室でゲームをしたり、1階で映画を見たりしています。映画は大音量で、戦闘シーンではその音に飛び起きます。

音量を小さくしてほしいと頼んでも、「そんなに大きいはずがないだろう、お前が気にしすぎだ」と取り合わないところが、ナルシスト。共感力0です。

 

なるくんがいない新生活の良さを体感しながら、別居・離婚に踏み切って本当に良かったと思っていた2か月すぎ。

 

夢の中で、なるくんに怒鳴られ、なじられ、罵倒されるようになりました。

目が覚めると、心臓がバクバクと鳴っていて、とても寝た気がしません。

就寝後、おねえがバイトから帰ってくると、そのドアの音でビクッとして目が覚めます。

なんで、また元に戻ってるの?

 

カウンセラーに相談しました。

 

心身ともに、「今、安全な場所にいる」と理解したからこそ、過去の出来事を消化するために夢で追体験したり、以前の経験を繰り返しているのだろう。ということでした。

PTSDです。

 

「安全な場所」だからこそ起こることなのだから、いいことだと言ってくれても、ちょっとブルーになりました。

 

そして、さらに4か月後、ホットフラッシュと昼夜関係ない動悸による不眠に悩まされます。

アラフィフだし、更年期障害かと諦めモードだったのですが、日中もずっと心臓がしくしく締められるようなので、お医者にかかりました。

 

更年期もあるだろうけど、精神的なものも原因になっているかもしれないということで、抗うつ剤を処方されました。

 

薬を飲み始めて、感じたこと。

この胸の痛みは、不安症だったんだな。

とにかく、なにか嫌なことが起こりそうな、不安にかられての胸の痛みでした。

 

そして、これもやはり、PTSD。

「あなたは、これまでの20年間、いろいろなことを我慢して、自分が傷つかないように感情を押し殺し、感覚を鈍くして生きてきたのです。今、自由に考えて、自由に行動して、自由に感じられるようになったからこそ、過去の心の痛みを感じている」

 

カウンセラーに言われて、なるほどと思いましたが、この不安感。

 

きついなあ。

 

別居後、安眠とリラックスと自由を満喫できたのは2か月間だけ。

なんで、離れてからも、こんな思いをしなきゃいけないのかと思います。

 

いま、自分はナルシストと暮らしているかもしれないと思ったら、わたしからのメッセージは、

「早く逃げて!」

です。

 

結婚20周年を待っていたお前が言うな。

 

と思われるかもしれません。そうね、わたしのように、あと数ヶ月待って20年なら、待ったほうがいいと思う。どのみち、離婚の準備期間もそのくらい必要です。

 

でも、結婚10年程度なら、待たずにすぐに「逃げなさい」と言うと思います。

 

メンテナンスがどれだけの期間支払われるかが、婚姻年数によって変わります。

20年以上なら、婚姻年数と同じ期間支払われることになります。

 

それ以下なら、下の表のようになります。(*イリノイ州 2023.Nov.)

 

婚姻年数

メンテナンスを受け取れる期間

5年未満

婚姻年数の20%の期間

5-6年

婚姻年数の24%の期間

6-7年

婚姻年数の28%の期間

7-8年

婚姻年数の32%の期間

8-9年

婚姻年数の36%の期間

9-10年

婚姻年数の40%の期間

10-11年

婚姻年数の44%の期間

11-12年

婚姻年数の48%の期間

12-13年

婚姻年数の52%の期間

13-14年

婚姻年数の56%の期間

14-15年

婚姻年数の60%の期間

15-16年

婚姻年数の64%の期間

16-17年

婚姻年数の68%の期間

17-18年

婚姻年数の72%の期間

18-19年

婚姻年数の76%の期間

19-20年

婚姻年数の80%の期間

20+

婚姻年数の100%の期間もしくは無期限

 

参照:

www.sterlinglawyers.com

 

次の段階に行くために最高で1年待って、離婚準備をするのはありだと思います。

しかし、この別居後に続くPTSDを考えたら、それ以上はリスクではないかなと思うのです。

 

ナルシストからの解放は、離れて終わりじゃない。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ モラルハラスメントへ
にほんブログ村

DV・モラハラランキング
DV・モラハラランキング